アーカイブ・見出し画像

サステナブルフード

大丸有エリアでは、カフェ、レストラン、社員食堂など、日々さまざまな飲食サービスが提供されています。こうしてたくさんの”食の消費者”と、”食の使い手”が集うエリアだからこそ、持続可能性に配慮した食文化の普及や、フードロス対策に取り組むことが重要だと考えました。
2022年は都市と地方との連携を一歩進めながら、持続可能な食に出会えるサステナブルな街づくりを目指します。