アクション2-7

【オンラインセミナー】ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)が地域と世界を救う ~再エネと農業を起点に、未来の社会を考える~

現代の私たちの生活には、安定したエネルギーと美味しい食事が必要不可欠です。
大丸有エリア(大手町・丸の内・有楽町エリア)は、人々の活動に必要なエネルギーも食料も、他のエリアから供給されることによって、成り立っています。

一方、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)は、再生可能エネルギーと食料を、水田や畑で同時につくる仕組みです。

今回のトークイベントでは、ソーラーシェアリングを通じて社会課題の解決を目指す大学発ベンチャー 千葉エコ・エネルギー株式会社 代表取締役 馬上氏を講師に、大丸有エリア等の都市地域とその近郊地域の新しい関係性、サステナブルな地域づくりの考え方と実態を学びます。
大丸有エリアの就業者、日本のエネルギー課題と将来を考えてみたい学生の方、ソーラーシェアリングに関心のある方はぜひご参加ください!

尚、9月11日(土)には、千葉エコ・エネルギー(株)のソーラーシェアリング現地視察会を実施予定です。(別途募集)

ご案内

新型コロナウィルス感染症拡大の状況、政府・自治体からの要請等により、実施内容、実施方法が変更になる可能性がございます。大丸有SDGs ACT5ホームページにて最新の状況をご確認ください。

イベント詳細

タイトル【オンラインセミナー】ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)が地域と世界を救う ~再エネと農業を起点に、未来の社会を考える~
開催日時2021年8月18日(水)17:00~18:30(16:50よりお入りいただけます。)
開催場所Zoomにて開催
内容■タイムスケジュール(予定)
 講義60分+質疑応答30分 ※進行の状況により変更となる可能性があります。
■主なテーマ 
1.ソーラーシェアリング(農業と再生可能エネルギーの共存)とは
2.私たちを取り巻く社会的な課題のひっ迫性
3.課題を解決し、個人と地域を最適化する取組

講師:馬上 丈司(まがみ たけし)
 千葉エコ・エネルギー株式会社 代表取締役
 一般社団法人ソーラーシェアリング推進連盟 代表理事
 一般社団法人太陽光発電事業者連盟 専務理事
 博士(公共学)/千葉大学
定員・参加費100名・無料 ※先着順・定員になり次第申込受付終了いたします。
お申込https://2021act2-7.peatix.com
ACT5メンバーポイント獲得条件150ポイント
ACT5メンバーポイントについてはこちらをご覧ください。
主催大丸有SDGs ACT5実行委員会
協力千葉エコ・エネルギー株式会社、patagonia東京・丸の内
お問合せ先大丸有SDGs ACT5実行委員会事務局
info@act-5.jp
関係リンクACT5メンバーポイントアプリ特設サイト
http://mb.act-5.jp