アーカイブ・見出し画像

ACT3 WELL-BEING

Stay Home期間は日常生活の習慣や心身の健康について考えるきっかけになりました。 大丸有SDGs ACT5期間中、オンライン・オフラインの双方の手法を活用しながら健康の促進につながる機会を提供します。 また、withコロナ時代に対応した新しい交流のあり方、交流スペースのあり方を考えていきます。

アクション3−1

丸の内から新しい働き方・働く文化を提言!丸の内ワークカルチャーラボ

株式会社イトーキ、花王株式会社、東邦レオ株式会社、西川株式会社、三菱地所株式会社の 5 社は、一人ひとりの Well-B ...
詳しく見る
アクション3−2

Will Conscious Marunouchi 2020 まるのうち保健室 「私と向き合う時間」

大切なのは、女性ホルモンの働きを知り、自ら人生をデザインすること 働く女性のこれからのライフイベント、食、働き方、余暇の ...
詳しく見る
アクション3−3

withコロナ時代における交流スペースのあり方検討

詳しく見る
アクション3−4

Social GOOD Distance展

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、これまでの日常ではなく新しい生活様式が問われている中、ソーシャルディスタンスという必須 ...
詳しく見る
アクション3−5

丸の内でスポーツを感じよう!丸の内スポーツフェス

詳しく見る
アクション3−6

環境データを活用した快適な外歩きWEBサービス「TOKYO OASIS」社会実験開始

新型コロナウイルスの影響により、ニューノーマルな生活として屋外の活用が見直されている現状を受けて、Green Tokyo ...
詳しく見る