アクション2-13

エコバッグの循環プロジェクト

日本の一人当たりのプラスチック容器包装の廃棄量は主要な地域・国の中で2番目に多く、廃棄物処理にかかる社会的コストの増大、海洋プラスチック汚染など、プラスチックに起因する社会問題は多岐にわたります。

買い物に伴い利用するレジ袋の削減の一つの方法が、エコバッグの利用ですが、マイバッグについては、原材料の抽出、精製、製品の製造、出荷のための梱包、輸送、流通、使用、リサイクル、最終的な廃棄を含むライフサイクルにおける環境影響を分析した場合、プラスチック製レジ袋よりも環境影響を低くするためには、繰り返し何度も使い続ける必要がある、ということがしばしば指摘されます。

このため、patagonia各店舗では、各家庭で使用されずに眠っているエコバッグ(他社製も含む)を回収し、循環、共有する仕組み「エコバッグ・シェアリング」を2020年より実施しています。

大丸有SDGsACT5期間中、丸の内ポイントアプリ上で大丸有SDGs ACT5のキンペーンにエントリーし、対象店舗で、エコバッグ・シェアリングに参加(エコバッグの提供)すると、スタンプと丸の内ポイントを獲得できます。更にスタンプを貯めると対象店舗で使える割引クーポンを獲得できます。

「エコバッグ・シェアリング」を通じて、サーキュラー・エコノミー(循環型経済)を身近なところから実現しましょう。

アクション概要

開催期間2024年5月7日(火)~11月30日(土)
ポイント、スタンプ獲得条件エコバッグ・シェアリングに参加(エコバッグの提供):10ポイント、1スタンプ
対象店舗パタゴニア 東京・丸の内(国際ビル 1階)

※店舗の営業時間や所在地はホームページにてご確認ください。
主催大丸有SDGs ACT5実行委員会
お問合せ先■ACT5に関する問い合わせ先
大丸有SDGs ACT5実行委員会 事務局
info@act-5.jp

■丸の内ポイントアプリに関する問い合わせ先
丸の内カード事務局
marucard@mjpm.co.jp
参考丸の内ポイントアプリの大丸有SDGs ACT5キャンペーン