アクション2−4

里山×養蜂をキーとした都市×農村の交流~丸の内朝大学との連携~

住宅のワークプレイス化や外出よりステイホームを重視する「ニューノーマル」なライフスタイルが進む中、ベランダでの家庭菜園や、近くの公園へのハイキング、住んでいる近所の外歩き等で、身近な自然の見直しと自然に触れることの豊さを感じるビジネスパーソンが増えています。

都心で働くビジネスパーソンと里山で暮らす人々、それぞれの知恵を今の生活に活かし合うことで、互いの暮らしの良さを見つけ、住む土地を移動せず空気を入れ替えられる暮らし方のヒントを見つけたい――そうした思いからSDGsにつながるイベントを企画しました。 今回の舞台は千葉県市原市。里山再生を切り口に養蜂を営む「OneDropFarm」の豊増代表とともに、新しい暮らしの楽しみ方を体感し、都心と里山との相互交流を広げる交流イベントを開催します。

参考リンク

アクション実施概要

開講日時2020年10月開講
開催場所3×3 Lab Future
対象丸の内朝大学受講生層
定員30名
参加費調整中(15,000円程度)
プログラム別紙参照
申込方法/締切日調整中(2020年9月中旬)
主催丸の内朝大学実行委員会
共催大丸有 SDGs ACT5実行委員会