アクション5-3

大丸有SDGs映画祭2022

大丸有SDGs ACT5のシンボルイベントとして、SDGsに通じるテーマの映画作品を集めた「大丸有SDGs映画祭2022」を8月30日(火)~9月22日(木)に開催します。3年目となる今年は、夜空の下での屋外上映も実施し、あの話題作など全10作品を上映します。

大丸有SDGs映画祭は、SDGsの目標の背景にある、世界の課題の実情や、その解決のヒントなどを、映画とトークを通じてお届けする映画祭です。東京の中心からグローバルにビジネスを育んできた私たちが考える「いま知っておくべき世界のコト」をピックアップしています。3年目を迎える今年も、国内外の色とりどりの映画をご用意してお待ちしています!

☞大丸有SDGs映画祭2022 チラシはこちらから
☞ニュースリリースはこちらから
※各回のゲスト情報は、随時更新いたします。最新情報は各上映作品のチケット購入ページPeatixよりご確認ください。

上映作品一覧

今年もユナイテッドピープル株式会社が配給する良質なドキュメンタリー映画をはじめ、魅力的な長編10作品が勢ぞろい!
映画上映後には豪華ゲストとともにお送りするトークイベントを実施します。詳細はチケット購入ページよりご覧ください。
さらに本年は期間内に3回ご参加いただくと、「エコファニ」のリユース家具等がもらえるプレゼントキャンペーンも併せて実施します。

ソニータ/Sonita

OPENING TITLE

アフガニスタンからイランへ逃れてきた難民のソニータ。子ども保護施設で教育やカウンセリングを受ける彼女のもとに、母親から結婚の話が持ち込まれる。結納金を目的にした強制婚から逃れるために彼女が起こした行動は、ラップで想いを歌うことだった。

8.30(火)18:30上映開始
丸ビルホール→MAP【C】

©Rokhsareh Ghaem Maghami

たねと私の旅/MODIFIED

自分で採った種をまき、野菜を育て、収穫物で愛情たっぷりの料理を作ってくれた母。一人暮らしを始めた娘のオーブは、都会は「背景が分からない食べ物」で溢れていることに気づく。なかでも表示義務がない遺伝子組み換え食品に問題意識を抱いていく。

9.2(金)18:30上映開始
3×3Lab Future→MAP【D】

©Peas in a Pod Films

グレイテスト・ショーマン/The Greatest Showman

屋外上映

19世紀半ばのアメリカ。幼馴染の妻と子供たちを幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナムは、ついにオンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし…。

9.6(火)18:30上映開始
TOKYO TORCH Park→MAP【F】

※ 雨天時は会場が屋内に変わります。詳細は本ページで発表。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇/Ghost Fleet

世界有数の水産大国タイには、漁船で働かされている数万人もの奴隷労働者がいると言われている。彼らの救出活動を行い、ノーベル平和賞にもノミネートされた女性を追ったドキュメンタリー。安価な水産物の裏側で犠牲になっている人たちの実態を映し出す。

9.7(水)18:30上映開始
AgVenture Lab→MAP【E】

©Vulcan Productions, Inc. and Seahorse Productions, LLC.

ゲイビー・ベイビー/Gayby Baby

同性婚が法制化される前のオーストラリアで暮らす、同性カップルを親にもつ思春期間近の子どもたち4人に密着したドキュメンタリー。他愛ない親子の対話や、子どもたちの素朴な疑問や悩みなどから、婚姻の平等や家族の多様性について考えさせられる作品。

9.9(金)18:30上映開始
3×3Lab Future→MAP【D】

グッド・ライ~いちばん優しい嘘~/The Good Lie

スーダン内戦で両親や家を奪われた「ロストボーイズ」を、全米各地に移住させた実際の計画を元にした作品。スーダンから米国に逃れた難民3人の青年と、彼らの就職をサポートする職業紹介所の女性が、次第に友情を育み、互いに変化していく様子を描く。

9.13(火)18:30上映開始
3×3Lab Future→MAP【D】

©2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved.

コペンハーゲンに山を/Making a Mountain

特別先行上映

2023年初春シアター・イメージフォーラム他全国順次公開予定の作品を特別先行上映!デンマークの首都の老朽化したごみ処理施設を、スター建築家ビャルケらが、エンタメ性も交えた夢の施設に生まれ変わらせるまでの9年間を濃縮したドキュメンタリー。

9.14(水)18:30上映開始
DMO東京丸の内→MAP【A】

©2020 Good Company Pictures

グランド・ジャーニー/Donne-moi des ailes

実在の鳥類研究家・気象学者をモデルに作られた物語。雁の研究をしている一風変わった気象学者クリスチャンが、「超軽量飛行機を使って絶滅危惧種の渡り鳥に安全な飛行ルートを教える」という誰もが不可能だと思うような計画に、息子のトマと挑んでいく。

9.16(金)18:30上映開始
DMO東京丸の内→MAP【A】

©2019 SND, tous droits réservés.

蹴る

脊髄性筋萎縮症や筋ジストロフィーなど重度の障害や疾患を抱えながらも、電動車椅子サッカーW杯出場を目指し奮闘する選手たちに6年間密着したドキュメンタリー。競技にかける想いや苦悩から、家族や恋人との日々の暮らしまで、多面的に彼らの人生を映す。

9.20(火)18:30上映開始
3×3Lab Future
→MAP【D】

©「蹴る」製作委員会

コーダ あいのうた/CODA

CLOSING TITLE

バリアフリー字幕版で映画上映
トークは手話通訳付きを予定

今年のアカデミー賞3部門受賞した話題作。家族の中で唯一の聴者である高校生のルビーは、幼い頃から家族の通訳係を担い、家業の漁業も手伝っていた。新学期に合唱部に入ったルビーは歌に夢中になっていくが、歌声が聞こえない両親には理解されず…。 *PG12

9.22(木)18:30上映開始
東京国際フォーラム(ホールD7)→MAP【B】

© 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS

会場-エリアMAP

【A】DMO東京 丸の内 (東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル6階 MAP
【B】東京国際フォーラム(ホールD7)※専用ロビー6F 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 MAP
【C】丸ビルホール (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7・8階 MAP
【D】3×3Lab Future (東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・ENEOSビル1階 MAP
【E】AgVenture Lab (東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビルヂング9階 MAP
【F】TOKYO TORCH Park ※屋外上映会場 (東京都千代田区大手町二丁目6番4号 MAP

プレゼントキャンペーンについて

映画祭期間内、3回ご参加いただくと「エコファニ」のリユース家具等がもらえるプレゼントキャンペーンを併せて実施します。
エコファニ等(対象となる家具イメージ等)のプレゼントキャンペーンの詳細は、決定次第本サイトにてご案内いたします。

エコファニとは

オフィスのレイアウト変更などで不要になったオフィス家具を企業から引き取り、検品・清掃のうえ、リユース家具として展示、法人・個人に販売するサービスです。また、オフィスに家具をセットした状態で賃借する「セットアップオフィス」への供用のほか、リユース家具のサブスクリプションサービスにも対応するなど、本サービスを通じて、フレキシブルなワークスタイルに対応する商品・サービスの拡充を具現化すると同時に、一定期間出荷に至らない商品は産業廃棄せずリユース&マテリアルリサイクルを実施するなど、「サステナブルな社会の実現」に貢献いたします。

エコファニ公式サイト:https://ecofurni-jp.com/

プロデュースチームからのコメント

「SDGs映画×ゲスト×アフタートーク」で映画の新しい味わい方と驚きを!

「0円キッチン」、「戦火のランナー」、そして今年は「SONITA」。これらは第1回からのオープニング上映作品です。映画祭を楽しみにされているファンの方々に、今年はどんなメッセージをお伝えするのかを考えながら、3ヶ月近く掛け、今回は10作品を選びました。
コロナ禍で人との関係性が変わったり、ウクライナでは今この瞬間も多くの人が苦しんでいたり、食のサプライチェーンが乱れ、物価は高騰し、地球温暖化で季節外れの40度超えが多地点で起きたり、世相は決して明るくありません。そうした中、我々は映画祭を通して社会に何を、そして皆様に何をお示しすることが出来るのか?
昨年から始めたのが、全作品上映後のアフタートーク。ゲストと皆様とのコミュニケーションタイムです。「こんな背景があるんだ」、「こんな解釈があるんだ」、そんな気付きや驚きをお届けできれば幸いです。
是非とも皆様、この夏、大丸有にご来場いただき、“映画×トークの素敵な夜”をお過ごし下さい!

井上 成

大丸有SDGs映画祭2022 総合プロデューサー
大丸有SDGsACT5実行委員会 運営委員長
三菱地所株式会社エリアマネジメント企画部担当部長

1987年三菱地所株式会社入社。2003年以来、大手町・丸の内・有楽町地区のサステナブルなまちづくりを推進。
ECOZZERIA、3×3Lab Futureを開設した他、有楽町MicroSTARs DEV.を仕掛けるなど、ハード、ソフトにわたる様々な場づくり・コトづくりを実践中。

忙しない日常が戻ってきた今こそ映画を通じて

緊急事態宣言が繰り返し出されていた“コロナ初年度”にスタートした大丸有SDGs映画祭も今年で3年目。3年前は、リアルな会場での開催にハードルがあった一方で、様々な「日常」が急激に変化したことで、SDGsで取り上げられているような社会問題への関心も高まっていた時期だったように思います。
3年経った今も、「コロナ」という言葉はまだ日々のニュースから消えないですが、遠方への移動や対面で人と会う時間、そして仕事をはじめ目の前のことで慌ただしく時間が過ぎていく日常も、戻ってきているのではないかと思います。
だからこそ今年は、過去2年と同様の直球のドキュメンタリー映画に加え、エンタメ性が高い作品も交えています。映画鑑賞という「娯楽時間」を楽しむ感覚でお気軽に参加いただき、そこからの映画とトークを通じた“世界の広がり”に身をゆだねていただければ幸いです。

アーヤ藍

大丸有SDGs映画祭2022 アンバサダー
映画キュレーター

慶應義塾大学卒。在学中に訪れたシリアが帰国直後に内戦状態になったことをきっかけに、社会問題をテーマにした映画の配給宣伝を手がけるユナイテッドピープル会社に入社。同社取締役副社長も務める。2018年より独立し、社会問題に関わる映画イベントの企画運営や記事執筆、教材づくり等に携わる。

アクション概要

開催期間2022年8月30日(火)~9月22日(木)
開催場所大丸有エリア内の全6か所のスペース
ACT5メンバーポイント獲得条件200ポイント
チケット購入者はSDGs特典の交換などに使える「ACT5メンバーポイント」がもらえます。
当日、映画祭会場受付でスタッフにお申し出ください。
ACT5メンバーポイントについてはこちらをご覧ください。
主催大丸有SDGs ACT5実行委員会
協力ユナイテッドピープル株式会社
後援国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
お問い合わせ先大丸有SDGs ACT5 実行委員会事務局
info@act-5.jp
参考■大丸有SDGs映画祭2021
https://act-5.jp/act/2021film/

■大丸有SDGs映画祭2020
https://act-5.jp/act/filmfest/

■ACT5メンバーポイントアプリ特設サイト
https://mb.act-5.jp/

上映中止及びチケットの払い戻しに関して

新型コロナウイルス感染症の感染拡大による緊急事態宣言発令等でやむを得ずイベントの開催が中止となった場合は、全額ご返金いたします。
開催中止の決定は1週間前までに行い、中止の場合には本ページ上及びPeatixメッセージ・イベントページでお知らせいたします。
※コンビニ/ATM決済で購入いただいた場合、 手数料のご返金はございません。